DJEMBE

よくどういう太鼓がいいんでしょうか??と聞かれますので、
少し説明したいと思います。

ジェンベは長く使える楽器です。
選ぶポイントは

1、木の材質

2、自分に合った口径、重さかどうか

3、リングの設定がうまくいってるか

4、いいロープを使っているか

1,2に関しては一度買ってしまった場合変更が効かないので
慎重に考えて購入しましょう!

3,4は後からでも変えられますが、その場合どこのお店でも別途
で20000円位かかってしまうので、状態が悪い太鼓を購入するときには
その辺も考慮しましょう。

「40000円で安かった!でも、ロープ交換やらリングやらいい状態
にしたら20000円かかって60000円になった。」
「しかもボディも凄い良いとは言えない。」
「結局、買い直しました。」

なんてことはよく耳にします。結局一本探すのに100000円以上
使ってしまったというわけです。

さて、一般的に木の材質は

レンケ バラフォン アカジョ ディンブ(ドゥキ)ドゥグラ
イロコ ボアブラン

等色々ありますが
それぞれ性質や重さなど異なってきますので、
一概にどれがいいとは言えません。
重いのが苦手な方にとって、たとえどんなにいい木の質だとしても
重い太鼓はいい太鼓とは言えません。

最初はやはり自分の身丈に合った太鼓を探すのがいいでしょう。
2本目3本目ともなれば、少し変わった太鼓や思い切り趣味に走る
のもいいと思います。

ジャンベは一生使えるものなので、良く選びましょう。
分からないことはどんどん質問しましょう

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

0